最近の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS サッカー日本代表またしても、PK戦で敗れる。アジアカップの教訓生かせず

<<   作成日時 : 2007/09/08 06:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

サッカー日本代表がオーストリアと引き分けの末、PK戦でまたしても負けた。ボールポジッションは日本が支配していたにも拘らず、最後まで得点を挙げることが出来なかった。アジアカップでも同じ結果だっただけに、今回の負けの意味は大きい。

アジアカップで日本が負けた最大の理由は、積極性が無かった事にある。横へのパス回しに終始し、得点チャンスを作り出す事が出来なかった。ドリブル突破からのファールを貰う事も無かったのも負けた原因の一つだ。今回のオーストリア戦でも、結局アジアカップの課題が露呈した試合だった。

高さ対策で、巻。ドリブラーで松井のコンビでくるだろうと予想していたが、FWの選択にはビックリですよ。田中の先発は分かるが、まさか矢野を入れるとは思わなかった。相手のDFに舐められていたな〜。実際ゴール前で強引にでもシュート打つこともまともに無かったしねぇ。多少強引にでもゴールを狙ってシュートを打つと相手のDFに恐怖心を与えだすのだがなぁ…。

優等生のプレーだけでは、世界では戦えないのが国内組みのFWは分からないのだろか…。
高原がいい例だよ。以前と比べて図太さが出てきて強引にでもゴールを狙ってくるしさ。結果相手チームのDF陣に恐怖心を与えだしてしるのは事実だしね。国内組みのFWにも見習って欲しいものですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
サッカー日本代表またしても、PK戦で敗れる。アジアカップの教訓生かせず 最近の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる