最近の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 福田氏と麻生氏の一騎打ちとなる自民党総裁選 事実上の出来レース 森内閣に続き密談内閣か。

<<   作成日時 : 2007/09/14 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自民党総裁選は福田康夫元官房長官と麻生太郎元幹事長の一騎打ちとなった。ただ政策を出す前からの派閥支持で既に過半数を確保したもようで、事実上の出来レースとなった。まぁあからさまな勝ち馬支持ですね。目的は大臣のポストかな。

恐らく各派閥の人達は、小泉、安倍と違い、大臣ポストを派閥推薦で割り振ってくれると考えて福田氏支持に回ったものと思われる。出なければこうも早くから福田氏支持を表明しないだろう。

あと、残念なのが派閥の力に押された小泉チルドレンと呼ばれる新人議員達だ。テレビからの情報を見る限りでは、小泉元首相に出馬を要請したが、断れたと思ったら早々と福田氏支持に回ったようだし。せめて政策を聞いてから決めて欲しいですね。せっかくの無派閥が意味無いじゃん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
福田氏と麻生氏の一騎打ちとなる自民党総裁選 事実上の出来レース 森内閣に続き密談内閣か。 最近の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる