最近の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS IntelとAMDの将来のCPUにGPU(ビデオチップ)を統合するが扱いは真逆。

<<   作成日時 : 2007/10/12 20:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Intel と AMDは将来のCPUでGPU(ビデオチップ)を統合する予定だが、扱い方は真逆になる。Intelは汎用プロセッサとしては使用せずに、単にチップセットのビデオチップの機能をCPUに移植した形をとるそうだ。

その理由として、GPUのプログラミングが困難であるからだととの事。また、将来Larrabee(ララビー:開発コードネーム)と呼ばれるCPUで多数のコアを搭載してソフトの処理を並列させる事で処理速度の向上を図るつもりなので、必要としていないそうだ。また、先日買収した物理エンジンメーカーのHavokをLarrabeeに対応させる可能性もあるそうだ。

では反対の選択肢を選んだAMDはどんなCPUをリリースする計画かと言うと、GPUを完全にCPUの一部機能として取り込み、プログラミングする際にGPUを意識せずに使用できる様にするそうだ。具体的には先日AMDより発表があったが現行のCPUの命令郡(SSE)にSSE5を追加して使える様にするとの事。

どちらの選択が正しいかまだ分かりませんが、将来的にCPUの製造(微細化)で壁にぶつかるのは間違いないので、今後もCPUの性能UPを続けるでしょうから、Intel の様に多数のコアで並列処理させる力押しに出るか、AMDの様に異種コア(GPU)を取り込んで性能を向上させるしか方法が無いので、今後の両社の動きが見物です。

因みにPS3に使用されているCPUのCell はAMDと同じ発想に基づいて設計されています。って今更言わなくても知ってるかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
IntelとAMDの将来のCPUにGPU(ビデオチップ)を統合するが扱いは真逆。  最近の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる