最近の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS Windows Home Server の導入を検討中

<<   作成日時 : 2008/01/15 01:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本語版のWindows Home Server が販売される事が発表されたので、使用するPCの構成をどうするか検討中です。マザーボードをMicroATXにするかMini-ITXを採用するかで構成がガラリと変わるので迷ってますよ。Mini-ITXを使用すると、ライザカードを使わない限りPCIスロットが1本に限定されてしまうのが痛い。ライザカードが使用できるケースは非常に少なくHTPC系のケースか、Mini-ITXの薄型ケースぐらいしか無いのが悩みのタネです。

MicroATXを使用すればこれらの問題が一気に解決出来ますが、消費電力と騒音を考えると何ともねぇ…。ダイヤテックの180WのACアダプターを2個使い360W仕様に変更すれば電源BOXの騒音問題は解決出来ますが、消費電力をどう抑えるかがキモですね。因みにHDDの騒音はHDDメーカーのツールを使えば対処できそうです。

Windows Home Server にTV録画(アナログ放送)をさせるつもりなので、TV録画をしていない&軽負荷時に何処までCPUをクロックダウンさせられるかがポイントになりそうですね。TUKUMOのWebサイトに店員さんがWindows Home Server の設定などについて書かれているので、参考にしています。

因みにTV録画にソニーのVGF-DT1(丸くて白いヤツ)を使うか検討しましたが、サーバーソフトが添付していないので対象外にしました。DTCP-IPに対応したサーバーソフトが添付されていれば間違いなく使いますがね。デジオンのDiXiMがDTCP-IPに対応したバージョンを一般販売してくれれば問題無いのですが、やっぱり無理かなぁ…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
Windows Home Server の導入を検討中 最近の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる