最近の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS VIA 新型CPU「Isaiah」を2008年前半に製品投入

<<   作成日時 : 2008/01/24 21:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回VIAが投入するCPUは、浮動小数点演算を強化するに当たり今まで採用していたIn-OrderからOut-Of-Orderに変更されている。具体的に言えばIntelやAMDのCPUと同じ方法を採用して性能のアップを図ってある。ただIn-OrderからOut-Of-Orderに変更した事で、ダイサイズが現行コアに比べ倍近くになっているのが唯一の欠点。

IntelのVT-x互換の仮想化機能と、SSSE3(Supplemental SSE3)を追加している。なおSSE4に関しては改良版(CNBのコードネームで呼ばれる)で対応させる予定だそうだ。製造は65nmプロセスルール/200mmウェハで三重県桑名市の富士通が担当しているとの事。

リリースされるコアレンジは、1.6-2.0GHz。PC Watchの記事の一番下に1.99GHzで動作している写真が掲載されている。今までのC7とは比べ物にならないパワーを出してくれそうです。

今後もVIAはシングルコアで行くそうですが、CPUの構造がOut-Of-Order型になった事でPentium 4に実装されていたHyper-Threadingと同等の物を将来的に出してきたりしてね。ダイサイズの肥大化を最小限に抑えつつマルチスレッドのソフトに対応するには打ってつけだし。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0124/ubiq208.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
VIA 新型CPU「Isaiah」を2008年前半に製品投入 最近の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる