最近の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS AMD Shanghai の投入時期は今年の第4四半期中だそうだ…。

<<   作成日時 : 2008/09/05 01:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

AMD Shanghai (シャンハイ:開発コードネーム)の投入時期は今年の第4四半期中だそうだ…。Shanghaiは現在販売されているPhenom X4(Barcelona:バルセロナ)に少改良を加えた45nmプロセスを使用した製品。インタビュー記事の内容を読む限りでは、今後大幅なアーキテクチャーの変更は当分無い様で取りあえず無事製品を出荷して会社の体制を立て直すのが先のようです。

また、SSE5の投入時期についても記者の方はBulldozerコアで投入予定だったが社内の体制の仕切り直しでリリースが先送りされそうとの事。2010年には12コアのMagny-Cours(マニクール)と6コアのSan-Paulo(サンパウロ)でも、Barcelonaの延長上のコアが使用されるのではと記者の方は予想している。

自分的にはSSE5の投入時期が何時になるのか気になります。理由はIntelがSandy Bridge(サンディブリッジ)世代で、Intel AVXを投入してくるからです。それに対抗しようと思うとSSE5の市場投入時期は非常に重要だと思う。ここで後手に回ると、また後追い戦略にならざるを得ないからだ。

AMDの今後ですが、45nmプロセスでTDP 65WのPhenom X4を何時の段階で出荷出来る様になるかで業績がガラリと変わりそうな感じがします。ライバルであるIntelが45nm世代で、TDP65Wでリリースしている以上、同じTDPで製品をリリースしないとNehalem世代には対抗出来ませんしね。そもそもBarcelona自体、Nehalem世代の対抗製品として開発してた訳ですし。。。

マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/09/04/idf12/menu.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
AMD Shanghai の投入時期は今年の第4四半期中だそうだ…。 最近の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる