最近の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS micro ATXでCrossFire-XをサポートするLANPARTY JR 790GX-M2RS

<<   作成日時 : 2008/09/06 15:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

CrossFire-Xをサポートするモデルとしては今回の「LANPARTY JR 790GX-M2RS」が初めて。よって拡張スロットの構成はPCI Express(2.0)x16×2(動作モードはx8+x8)、PCI Express x1×1、PCI×1となる。その他、オンボードインターフェイスとして、DDR3-128MB(Hynix製)のLFBやVGA機能、8chサウンド (Realtek/ALC885)、ギガビットイーサネット、Serial ATA II×6(RAID 0/1/5/10)、IDE×1などを搭載。I/O部にはDVI-IとHDMI出力を備えており、ジャンパピンにて切り替える仕組みだ。

micro ATXでCrossFire-Xをサポートするマザーボードが出てくるとは、ちょっとビックリしました。Hybrid CrossFireをサポートしたmicro ATXマザーなら出てくると思っていましたが。まぁ出したメーカーがDFIなので、購入する人は限られてきそうですが…。

http://ascii.jp/elem/000/000/169/169767/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
micro ATXでCrossFire-XをサポートするLANPARTY JR 790GX-M2RS 最近の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる