最近の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS MS 無料のマルウェア対策製品「Morro」を計画

<<   作成日時 : 2008/11/19 15:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米Microsoftは11月18日、コンシューマー向けに無料のセキュリティ製品を提供する計画を発表した。この製品は「Morro」のコードネームで呼ばれ、ウイルス、スパイウェア、rootkit、トロイの木馬などのマルウェアへの対策を提供する。処理能力が低めの小型PCを考慮に入れ、システムリソースの消費を抑えた設計になるという。

Windows Live OneCareの小売り販売を2009年6月30日に打ち切りだそうですが、相変わらずMSは態度をコロコロと変えるので、使用する側はいい迷惑です。今回の計画でソフトの無料化に舵を切りましたが、セキリティソフトとしての性能を一定度保つ事が出来るのか甚だ疑問です。現在更新量無料のウィルスセキュリティZEROがありますが、昔使用していた時期が有ったので分かるのですが(ZEROに名前が変わる前)、日本固有のローカルウィルスに関しては殆ど無力でした。更新期限が来たので、使用を中止しノートンに乗り換えたらP2P系のウィルスが2個パソコン内に潜んでいたのが発覚してかなり焦った事を今でも覚えてます。幸いデータの流失は無かったようですが。(悪戯だけでデータをアップロードする機能は無かったのが幸いでした。その後一度Windowsをインストールし直して使用しました。)

MSに最後に一言だけ言いたい。セキュリティソフトに参入したのなら安易な決定を下すなと。一番迷惑するのは使用しているユーザーだ。そんな事ばかりしているから信用を無くすんだと。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0811/19/news062.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
MS 無料のマルウェア対策製品「Morro」を計画 最近の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる