最近の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS NECリースが九十九電機の商品差し押さえについて

<<   作成日時 : 2008/11/22 17:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて昨日、NECリースが九十九電機の商品を差し押さえた事で臨時休業に追い込まれた九十九側ですが、どうも今回の差し押さえはNEC側が狙っていた節があるようで、月末の支払い前に都合よく連休が入り商品の在庫を多く持つ事が分かっていたので、昨日の昼前に差し押さえに踏み切ったようです。

さて今回の一件で九十九電機には倉庫の在庫品がカラッポになった事で今後の店の営業はほぼ不可になります。NECリース側の言い分を信じるなら、返済計画案の条件を受け入れれば差し押さえは一時的な物になるようですが、現状では難しいかもしれません。このままの状態が今後も続くようなら再建は難しいでしょうね。

もし自分が融資した側なら、再建計画案に不動産の売却や同一地区の店舗の統廃合、パソコン以外からの撤退、リストラをするように多分言うと思います。あと追加で経営陣の入替えとか。NECリース側がどのような返済計画案を出していたのかは分かりませんが、恐らく同じ様な条件を最低限出しているのは間違いないと思います。

NECリースとのすり合わせが早期に行われなかったのが原因だと思われます。改めて考えてみると九十九の経営陣は無能なのかなと少々疑りたくなってきますね。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
NECリースが九十九電機の商品差し押さえについて 最近の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる