最近の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS インテルと日立GST、企業向けSSDを共同開発

<<   作成日時 : 2008/12/02 20:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米インテルと米日立グローバルストレージテクノロジーズ(以下、日立GST)は2008年12月2日、サーバーやワークステーションなど企業用途向けのSSDの共同開発を行う計画を発表した。ハードディスクドライブ(HDD)の主要メーカーである日立GSTと、NAND型フラッシュメモリーを製造するインテルの協力により、信頼性、性能およびシステム適合性などで世界最高水準の製品を投入するという。両社は2010年初頭を目指して、インタフェースにSerial Attached SCSI(SAS)とFibre Channelを採用するSSDを出荷する。

SSDはHDDを製造しているHGSTにとっては頭の痛い問題だけに、まさか日立とインテルが手を組むとは思いませんでした。ただ手を組む分野は企業用途向けなので一般用途には関係の無い話してすが。

HGSTが将来的に単独でSSDに参入する事は無いのかな?3.5インチと2.5インチHDDだけではSSDの導入が企業&個人用途で進むと、会社の業績が厳しいでしょうし。現状でも赤か黒かのラインギリギリですし…。

http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20081202/1010174/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
インテルと日立GST、企業向けSSDを共同開発 最近の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる