最近の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国における次世代DVDのフォーマット戦争

<<   作成日時 : 2008/12/24 17:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

中国には次世代DVDのフォーマットとしてBlu-rayとHD DVDの中国規格として策定されたCH-DVD(現在はCBHD)の2種類が覇権争いをしている。さて中国がなぜ独自フォーマットに拘ったのかそれには理由がある。映像関連機器を製造する場合必ず特許使用料を払う必要があり、それが中国国内の企業には足かせになっていた。

事実、映像関連の特許を保持しているのは全て外国企業で、1円も国内企業が潤う事が無いから中国政府としては次世代DVDに関しては中国独自のフォーマットで望みたかった。が、DVDForumから承認されたCBHDの兄弟規格のHDDVDが先に淘汰された事により、Blu-rayの採用も検討に入ったのが実情だったりする。まぁどちらの規格を採用しても特許使用料を払わせられる事には代わりがないが。。。

あと中国国内の独自規格EVDの扱いが今後どうなるかな?恐らく中国国内でしぶとく生き残る様な気がしますね。まぁ、中国国内の映画会社が映像を供給するか次第でしょうが…。

本田雅一のAV Trends

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
中国における次世代DVDのフォーマット戦争 最近の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる