最近の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS Intelがライセンス契約をめぐりNVIDIAを提訴

<<   作成日時 : 2009/02/19 10:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米NVIDIAは2月18日、Intelが16日にデラウェア州衡平法裁判所にNVIDIAを提訴したことに対し、文書で反論した。Intelは両社が2004年に締結した4年間のチップセットに関するライセンス契約について、Nehalemを含むメモリコントローラを統合した次世代CPUには適用されないと主張している。

Nehalemに対するチップセットのライセンス契約に関しては、随分と前からNVIDIAとIntelで交渉していた事は知られていましたが、まさか未だに揉めていたとは知りませんでした。core i7がリリースされてX58がSLIに正式対応した事をNVIDIA が発表した際には、ライセンス契約が纏まったのかな?と思っていたのですが、そうではなかった様子です。

自分としては、X58をSLIに対応させる代わりにIntelがQPIじゃなかった。 メインストリームに使用するDMIバスライセンスを発行したのかな?と思っていただけに今回の提訴にはビックリでした。NVIDIAはチップセットビジネスを諦めるつもりは全く無いだけに今回の裁判は長引くかも知れませんね。

『追記』

ハイエンドのバスはQPIを使用するのに対して、メインストリーム以下のミドル、ローエンドはDMIを使用するんだった。すっかり忘れてましたよ。

Intelがライセンス契約をめぐりNVIDIAを提訴――NVIDIAが反論 - ITmedia News

元麻布春男の週刊PCホットライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
Intelがライセンス契約をめぐりNVIDIAを提訴 最近の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる