最近の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS さらに安全な「RAID6」に挑戦 HDDが2台同時に故障しても大丈夫

<<   作成日時 : 2009/02/27 03:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「RAID6」は、HDDが2台同時に故障してもデータを守れるという、RAID5よりも信頼性が高いシステムだ。RAID6対応のボードを使えば、データの読み書き性能も大幅にアップできる。

この記事を書いた記者の方が自宅で運用しているRAIDシステムがあるそうで、Western Digital製HDD 500GBx24台で11TBシステムだそうです。使用しているRAIDカードはARECAのARC-1280MLを使用していて順次書き込みは800MB/秒前後、順次読み出しは1GB/秒以上という超高速で動作してるそうで圧巻ですわ。

自宅に導入しているRAIDシステムはこの記者の方ほど過激なシステムでは無いので、凄まじいの一言ですな。。。因みに自宅で導入しているRAIDはRAID1+0(ミラーリング+ストライピング)だったりします。

一時期ですがRAID5+1というRAID5にミラーリングを追加するシステムを自宅で運用していた時期がありました。若気の至りというヤツですかね。(HDDが8台必要で個人で使うにはオーバースペックでしたよん)

さらに安全な「RAID6」に挑戦 HDDが2台同時に故障しても大丈夫 応用編:データを守るRAIDのすべて

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
さらに安全な「RAID6」に挑戦 HDDが2台同時に故障しても大丈夫 最近の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる