Seagate、500GBプラッタ採用1TB HDD

米Seagateは5日(現地時間)、容量500GBのプラッタを採用した3.5インチ1TB HDD「Barracuda 7200.12 HD」の量産出荷を、市場に対して初めて開始したと発表した。主な仕様は、回転速度が7,200rpm、インターフェイスがSATA(3Gbps)で、持続的な転送レートは最大160MB/sec。1TBモデルのほか、750GBと500GBのモデルをキャッシュを16MBまたは32MBのオプションでラインナップする。

それにしても3~4年前には1TBのHDDが2枚のプラッタで済む時代が来るとは思いませんでしたね。うーん自宅で使ってるNASのHDDもそろそろ変更時期にきたのかなぁ。250GBのプラッタを4枚使用したヤツなのでHDDベンチとると段違いなんだよねぇ…。SSDと勝負したら目も当てられないぐらいだお。

Seagate、世界最高面密度の500GBプラッタ採用1TB HDD