最近の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS Windows Home Serve 日本語版発売延期。理由は致命的なバグが存在

<<   作成日時 : 2008/03/16 20:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Windows Home Serve 日本語版発売延期。理由は致命的なバグが存在のためだそうだ。何でもとある条件下においてファイルの破壊が起きるそうで、ファイルサーバーとしては致命的なバグのためこのバグを修正してから発売になるそうです。発売時期は6月以降になるそうです。なお原因の特定は既にされているとの事。現状でバグの発生対策方法も紹介されていますので、使用されている方は、Windows Live Space 『Windows Home Server と暮らす日々、時々 HPC』の3月11日の内容に目を通される様にして下さい。

対策方法として『「共有フォルダにあるファイルをアプリケーションを使って直接編集しない』と書かれていますがベータ版のテスト使用時は弄った記憶が全く無いですね。だから発生しなかったんだなぁとちょっと納得してしまったよ。



『Windows Home Server と暮らす日々、時々 HPC』
http://hayashikenichi.spaces.live.com/blog/cns!73669F0A2CEF67A0!520.entry

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
Windows Home Serve 日本語版発売延期。理由は致命的なバグが存在 最近の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる