最近の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS テクモ 板垣氏の声明文に対するコメントを発表

<<   作成日時 : 2008/06/04 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

テクモは、6月3日に発表された板垣伴信氏の声明文に対するコメントを発表した。板垣氏が主張する成功報酬については内容を認める決議決定がないこと、また慰謝料請求については曲解によるもの、としている。

さてテクモが反論文を公開してきましたが、どーも???な内容ですね。成功報酬の下りについての説明内容が『前経営者時代の話であり』と書かれているのがおかしい。つまりこの説明文だとテクモ株式会社として前社長時代に板垣氏個人と成功報酬に関する契約をしていた事を認めるような書き方になるからだ。今回公開された反論文だとテクモ株式会社が主張する事実無根との主張に矛盾してるよ。

まぁ現社長に代替わりした際に、成功報酬に関する契約の確認を現経営陣が書面でしていなかったのか、それとも板垣氏のセクハラ裁判の際の内部罰則で降格処分した際に一緒に成功報酬に関する契約を破棄したと言いたいのかな?ただ罰則処分で成功報酬に関する契約を一方的に破棄するのは契約違反ですから、契約者本人と話し合いをし納得したうえで契約内容の破棄に関する書面にサインしていたなら、板垣氏も今回の裁判に持ち込む事は無かった思います。


どっちが真実を語っているかは現時点では何とも言えませんが、公判の最中に物的証拠として成功報酬に関する契約書を板垣氏側から提出されたら不払いの件についてはテクモの負けは確実でしょうね。どうやっても言い逃れは出来ないでしょう。慰謝料請求については微妙ですが…。


http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0806/04/news065.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
テクモ 板垣氏の声明文に対するコメントを発表 最近の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる