最近の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS インテルの「Larrabee」はやはりPentiumベースか

<<   作成日時 : 2008/07/10 18:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Intelの次世代グラフィックチップである「Larrabee」では、同社が誇るPentiumチップをベースとするプロセッシングコアが用いられる。2009年もしくは2010年の発売が予定されているLarrabeeは、現在NVIDIAとAMD(のATI部門)が支配している市場をターゲットに据えた、メニイコアプロセッサ型のハイエンドなグラフィックチップである。

まぁx86CPUの資産を活かした開発をすると以前から言っていたので、さほど驚きもしないですね。恐らくGPGPUに関してはNVIDIAとAMD(ATI)のビデオカードよりも利用しやすいと思いますが、問題はゲーム用途でどれだけ使い物になるかですね。チップセット内蔵のビデオチップドライバの作成で手間取っており、単体カードのドライバをリリース出来るのか不安だ。


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20376943,00.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
インテルの「Larrabee」はやはりPentiumベースか 最近の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる