最近の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 野球日本代表キューバに負ける。敗因は投手交代のミス

<<   作成日時 : 2008/08/14 00:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

野球日本代表がキューバに4−2で負けた。敗因は投手交代のミス。2失点で4回までに80球を投げているダルビッシュを5回も続投させた事が原因。ファーストストライクが殆ど取れず、初球はボールから各打者に投球していたので、ストライクを取りに来る球を確実に狙われた感がある。

5回表の時に星野監督と大野コーチが話をしていた所を見る限り、ピッチャーの交代時期について話していたと自分は見るが、結局5回裏はダルビッシュ続投だった。恐らくダルビッシュ本人に星野が次の回いけるか?と聞いて、「いきます」と答えたから続投を決めたと見る。結果この判断がチームの致命傷になった。

サッカーのワールドカップ地区予選と同じで、負けると後が苦しくなるのはオリンピックでも一緒。一発勝負に近い状況での温情判断はチームに危険なリスクを背負わせる事となるだけに、次戦の台湾戦では、冷徹な判断が指揮官である星野監督には求められる。

なお台湾X日本戦の台湾先発ピッチャーは中日ドラゴンズに在籍している左ピッチャーのチェンが出てくると予想してます。理由は中日ドラゴンズの1軍で先発と中継ぎを何度も経験しており、日本のバッターに慣れているからですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
野球日本代表キューバに負ける。敗因は投手交代のミス 最近の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる