最近の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS Microsoft、Windows 7のエディションを発表

<<   作成日時 : 2009/02/04 18:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米Microsoftは2月3日、次期OS「Windows 7」の製品エディション(SKU)ラインアップを発表した。価格は発表されていない。

Windows 7 Home Premium(コンシューマー向け)

Windows 7 Professional(中小企業向け)

Windows 7 Enterprise(Software Assuranceプログラム採用企業向け)

Windows 7 Home Basic(新興国市場向け)

Windows 7 Starter(一部のOEM向け)

Windows 7 Ultimate(“すべてを望む”ユーザー向け)

またしても多数のEditionがリリースされる事になりました。いー加減やめろよと思うのですが、マイクロソフトはVistaのSKUと同じ選択をしたようです。

さて気になるのが、ネットブックにどのEditionでも適用出来るとの記載があるのですが、これってマズいのではと思うのですが。せめてULCPC規定で低価格でライセンスするEditionはStarterのみとかの制限をしないと、IntelがAtomをリリースした事で日本市場では共食いを起こしているように、ライセンス販売単価の下落に繋がると思うのですが、MSはそこら辺の事をどう考えているのか聞いてみたいものですね。

Microsoft、Windows 7のエディションを発表 - ITmedia News

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
Microsoft、Windows 7のエディションを発表 最近の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる